在宅医療 よしおかホームクリニック

訪問診療について

在宅医療・訪問診療とは

訪問診療とは、疾患、障害のため通院が困難な患者さんに対して、医師が定期的、計画的にご自宅や施設に訪問し、診療、治療、薬剤の処方、療養上のアドバイス等を行うことです。病状が安定している場合、月2回程度訪問させていただきますが、病状変化や経過によっては訪問回数を増やす場合があります。

ご自宅・施設に訪問して行う診療は「往診」と呼ばれることもありますが、正式には「訪問診療」と「往診」は異なります。往診は、突発的な病状の変化に対して緊急的にご自宅や施設にお伺いして診療を行うことです。当院はそのような場合に備え、24時間・365日連絡がつく体制をとっており、必要な場合には往診させていただきます。

対象となる患者さん

がん、脳卒中、呼吸器・循環器・疾患、認知症、高齢、障害などのために通院が困難で、ご自宅や施設での療養を希望されている方が対象です。総合病院、専門医に通院中の方も併行して訪問診療を受けていただけます。

なお、当院は緊急の場合の対応を万全にするため、原則として一般の外来診療は行っていません。
また、定期的な訪問診療を行っている方以外の、その時限りの往診も原則として行っていません。情報不足のまま往診した場合、適切な治療・処置ができないことがあるためです。緊急の場合はかかりつけの先生にご相談いただくか、救急病院の受診をお勧めしています。

診療内容、対応可能な処置

  • 高血圧症、糖尿病など慢性疾患に対する継続加療
  • 脳卒中後遺症、認知症、パーキンソン病等神経疾患の加療
  • がん終末期等の症状緩和(緩和ケア)
  • 在宅での看取り
  • 血液検査、尿検査
  • 各種薬剤の点滴、注射
  • 中心静脈カテーテル・ポート管理
  • 中心静脈栄養
  • 経管栄養の管理、胃瘻の交換
  • 在宅酸素療法
  • 人工呼吸器の管理
  • 腹水・胸水穿刺
  • 気管切開後の気管カニューレ管理
  • 褥瘡処置
  • 尿カテーテルの管理
  • 人工肛門の管理

入院が必要な場合

精密検査や入院治療が必要な場合には連携医療機関を紹介させていただきます。

在宅での看取りについて

ご自宅や施設で最期まで過ごしたいと希望される方につきましては、患者さんの苦痛を緩和するとともに、ご家族を支えることも重視しながら対応させていただきます。その際には多くの場合、訪問看護ステーション、薬局等との連携協力体制を組ませていただきます。